大原孝治氏はドンキホーテを愛する

今や日本全国に展開しているディスカウントストアといえばドンキホーテです。このストアの売りは、品ぞろえに加えて安さと営業時間です。ディスカウントストアといえばほとんどが朝10時から20時か21時です。しかし、ドンキホーテは早朝から深夜まで営業していますし、一部の店舗では24時間営業をしています。朝から夜遅くまで働いている人にはとても強い味方です。
店内には食料品や日用品が隙間なく並んでいます。しかも激安で売られていることで顧客の心をつかんでいます。大原孝治はドンキホーテを導いている代表取締役社長です。この大原氏は30歳で入社しましたが、入社した当時は売り場担当でした。しかし、この大原氏の性格と潜在能力を見抜いた会社側は、大原氏に2年間で3店舗の立ち上げの店長をまかせました。大原氏の能力はそれだけにとどまらず、その後すぐに取締役第二営業本部長としての責任をまかされました。これは大原氏に能力があったということを物語っています。大原氏の理念は主語は常にお客様です。お客様目線に立って経営を行うことでいろんなアイディアが浮かびそのアイディアこそ顧客の心をつかんでいます。

さらに、大原氏は挑戦することや変化することを拒まずにいろんなことに挑戦していますが、失敗したらどうしようという弱気な姿勢ではなく失敗を恐れずどんどん前に進んで何事も積極的に取り組んでいます。まさに経営者として鏡ともいえます。

TOP